BTSのエピソード集【第4弾】です。

韓国のネット上やSNSに転がっているBTSエピソードネタを拾い集めてきました。
中にはガセネタもあるかもしれないので、適当に読んで下さい。

BTSのエピソード4


活動名の由来
RMのデビュー前の芸名はランチランダ(Runch Randa)だった。
ホビは、ストリートダンサー時代はスマイル・ホヤ。
ユンギのデビュー前の芸名はグロス(gloss)。(ユンギには「艶」という意味もある)
Vには、「レックス」「シス」「V」 という芸名候補が3つあったが、レックスとシスは女の子っぽいのでVになった。
ジミンにも、「Baby G」「Baby J」「Young Kid」という候補が3つあったが、どれも採用されず本名になった。
グクは、釜山出身ということで英語でカモメを意味するシーガル(Seagull)という芸名が候補にあったが、韓国語のシーバル(Fuckの意味)に発音が似ているのでボツになった。

名前(本名)の由来
キム・ソクジン(金碩珍):大きな宝になって欲しいという意味
ミン・ユンギ(閔玧其):豊かな暮らしをするという意味(by.お父さん)
チョン・ホソク(鄭號錫):国に名前を広く知らせるという意味で、両親がお寺でつけてもらった。
キム・ナムジュン(金南俊):南側、すなわち韓国を俊秀した、偉大な人になりなさいという意味
パク・ジミン(朴智旻):知恵が空まで届くという意味。
キム・テヒョン(金泰亨):「亨」の文字には、万事が思う様になると言う意味があり「難しい事にぶちあたっても、すべてうまくいくようになる」という意味で、作名師のおじいさんが付けてくれた。
チョン・ジョングク(田柾國):国の中心(柱)になりなさいという意味で、亡くなったおじいちゃんがつけてくれた。

テヒョンのおじいさんは、人に命名するという仕事をしてた様ですね。ちなみに「泰」という漢字には「穏やか」という意味があります。

ホビ&ジンの練習生時代
ホソクとジンは練習生時代(前半)とても大変だったらしい。
ホソクはストリートダンサーでの癖が残っていたため非常に苦労をした。
ジンは演技をするための発声法をボーカルに合う発声に変えようと努力した。

意外とお酒に弱いBTS
防弾メンバーは意外とお酒に弱いらしい。
社長との飲み会では、あるメンバーがミスをして以来、みんな慎重に飲む雰囲気になったらしい。←誰がどんな失態を演じたのかは不明(笑)
ホビの酒量は焼酎3杯。
ジミンは色々な酒を交互に混ぜながら飲むと言う話がある。
その中でもユンギがよく飲む方で、その次がジン、そしてジミン。

フンタン少年団
「花様年華pt.1」の収録曲「フンタン少年団」は、元々はユンギがホソクにあげようとしていた曲。
作業当時に作っておいた曲を聴いてみて、この曲で大丈夫そうだと思い作り始めた。

NEW:KITの腕輪
防弾歌謡(BTS GAYO)Track8で、ユンギとジョングクはNEW:KITの腕輪を着用していた。

▼絶滅危惧動物を知らせる腕輪

NEW:KITの腕輪は、絶滅危惧種を知らせるプロジェクトのひとつで、腕輪の他に服や帽子等もある。
他の芸能人が着用している姿も多く見られる。
ちなみに、ユンギは「ホッキョクグマ」、ジョングクは「アゴヒモペンギン」の腕輪を身につけていたものと見られる。
(ホビもアゴヒモペンギンの腕輪を着用していた)

▼アゴヒゲペンギン(ヒゲペンギン)

アゴヒゲペンギン可愛いですね。どうして絶滅危機なんだろう?と思って調べてみたら、エサのオキアミが人間によって乱獲されているから、って...オキアミは、キムチ作りに欠かせない食材......

宿舎
BTSメンバーで、1番最後に宿舎に入ったのはジン。
掃除や洗濯をきちんとする人が、SUGAとホソクしかいなくて衝撃を受けたと言っていた。
ちなみに、1番最後にベッドをもらったのはジョングクらしい。(だから1人だけ普通のベッドだったのかな?)

スポンサーリンク

BTSエピソード集のリンク

BTSのエピソード集
★BTSエピソードその1
★BTSエピソードその2
★BTSエピソードその3
★BTSエピソードその4このページです
★BTSエピソードその5
★BTSエピソードその6
★BTSエピソードその7
★BTSエピソードその8
★BTSエピソードサイン会編

メンバー別エピソード集
JINエピソード
SUGAエピソード(サイン会編)
RMエピソード
JIMINエピソード
Vエピソード
Vエピソード(サイン会編)
Jungkookエピソード