ミン・ユンギの、ファンサイン会や握手会などでのエピソード集です。
クールなイメージだけど、意外と気のきいた事を言ってくれるのがシュガですね(゚ρ゚*)

年下が好き?年上が好き?

あるファンが、サイン会の時にユンギに「オッパは私の理想のタイプなんです」と言ったら、ユンギは笑いながら「君も僕の理想のタイプですよ」と言っていた。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ファン「早退したいんだけど、適当な理由を何か教えてもらえませんか?」
ユンギ「私は既に入院中です・・・トクトンサゴに合ってしまって(T_T)」

※トクトンサゴ=トクフ(おたく)+キョトンサゴ(交通事故)を合わせた造語。アイドルなどにハマってしまう事をこう言います。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ファン「オッパ、年下が好きですか?年下が好きですか?」
ユンギ「どっちも好き(とポストイットへ書き込んだ)」
ファン「ひとつだけ選んだ下さい」
ユンギ「何歳?君」
ファン「18歳です」
ユンギ「(ポストイットに書いたのを消して)年下(と書きなおした)」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ファン「オッパ(お兄ちゃん)、私何歳に見える?」
ユンギ「オッパ??」
ファン「はい」
ユンギ「(君が)ヌナ(お姉ちゃん)じゃなくて?」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

サイン会で、ファン達がシュガに「何か悪口を言ってください」と頼むと「悪口を言ってくれと言われたら言わない」と。
言えないんじゃなくて、言わない。

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ユンギがファン達に「ジョングクよりも若い方はいますか?」と聞いて、しばらくしてから「お母様達は手を挙げちゃだめですよ〜」と丁寧に言っていた。

(マイルドな綾小路きみまろw)

スポンサーリンク

受け流しがお上手なシュガ

ユンギ「釜山オススメスポットはどこですか?あなたの釜山名所を推薦して下さ〜い」
ファン「私の家!!!」
ユンギ「は〜い、あとで通りすがりに寄りますね〜はい、次の名所〜」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ユンギ「もうすぐ試験だっけ?」
ファン「はい(泣)来週です。」
ユンギ「試験ちゃんと出来なかったら、お兄ちゃんが追いかけるよ!!」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

プサンにて。
ファン「ユンギ〜!姉さんは釜山までの指定席が空いていなくて、立ち席で座って来たよT_T」
シュガ「立ち席でどうやって座って来たの?」
ファン「床に座ってきったんだよ・・・」
シュガ「え、姉さん・・・それはないっすよ。次からはちゃんと立って来て下さい」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

初めてのファンサイン会の時。
ファン「仕事が終わるやいなや(急いで)来ました!」
ユンギ「僕も仕事が終わるやいなや来ました」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

ファン「オッパ久しぶりです。」
ユンギ「ああ久しぶりです。」
ファン「会いたかったです。」
ユンギ「お?ところで痩せましたか?」
ファン「え?痩せてないですよ!」
ユンギ「いや、痩せた!」
ファン「痩せてないです!」
ユンギ「(自信ありげに)痩せたじゃん!」
ファン「痩せてないです!後で一目で分かるくらいに痩せます!」
ユンギ「ホント?それじゃ待ってるよ?」
ファン「はい待ってて下さい。」
ユンギ「そうだね。その時が来たら、僕が惚れちゃうね。」

оО〇・-・〇Оо・-・оО〇・-・〇Оо

T-moneyファンサイン会であった事。
あるファンがファンサイン会に行った時、その時に限ってユンギがとても疲れて見えたみたいです。
でも、とにかくサインを貰いに行くやなや・・・

ファン「オッパ、疲れてます?」
ユンギ「(びっくりして)僕?僕がですか?疲れてないけど?疲れて見えるの?(首を覗き込む様に)」
ファン「はい・・・とっても疲れている様に見えますけど」
ユンギ「ダメだね・・・疲れて見えるなんてダメなのに・・・」

それ以降ユンギは可愛いポーズをたくさん取ってくれて、ファンたちにも挨拶をたくさんしてくれたんだって・・・