BTSの作品にインスピレーションを与えたと思われる本をまとめました。

BTS作品に関連する本

ほとんどの本が、日本でも翻訳されて発売されているベストセラーです。
関連本を読んでみると、より深くBTS作品の世界を楽しめますよ^^

スポンサーリンク

「ユング魂の地図」マレイ・スタイン

【邦題】
ユング 心の地図

【著者】
マレイ・スタイン

【関連する作品】
アルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」

「ユング 心の地図」は、アルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」の土台になっている作品です。
アルバムタイトルでもある「ペルソナ」は、ユングが唱えた心理学上の概念で「仮面をかぶった人格」を意味しています。

「愛の技術」エーリッヒ・フロム

【邦題】
愛するということ

【著者】
エーリッヒ・フロム

【関連する作品】
アルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」
「LOVE YOURSELF」シリーズ

ドイツの社会心理学者エーリヒ・フロムが、1956年に出版した本です。
愛するという事は、不思議な魔法のようなものではなく、学んで習得することで得る事ができるという内容です。
LOVE YOURSELFシリーズや、「MAP OF THE SOUL : PERSONA」に影響を与えているようです。

「INTO THE MAGIC SHOP」ジェームズ・ドゥティ

【邦題】
スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

【著者】
ジェームズ・ドゥティ

【関連する作品】
アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」

スタンフォード大学の脳外科医ジェームズ・ドゥティが書いた、
貧しい家に生まれた主人公が、たまたま入ったマジックショップで「人生を変える魔法」を知っているというお婆さんに出会いをきっかけに、心を変化させるマジックを学びながら、理想の未来を掴んでいく物語です。
いわゆる成功法則の本ですね。

アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」は、この本からインスピレーションを受けて制作されたものです。
アルバムには、この本と同じタイトルの曲「Magic shop」も収録されています。

「1Q84」村上春樹

【題名】
1Q84

【著者】
村上春樹

【関連する作品】
パダ(Sea)

ナムジュンは、村上春樹さんの本を何冊も愛読しているようですね。
「1Q84」は、2009年〜2010年に発売された、村上春樹の長編小説です。

「LOVE YOURSELF 承 'Her'」のCD版だけに収録されている隠しトラック「パダ(Sea)」は、「1Q84」からインスピレーションを受けて歌詞を書いたんだそうです。
「希望があるところには必ず試練があるものだから」という部分に感銘を受けたんだとか。
繰り返し歌っている部分ですね^^

「オメラスから歩み去る人々」

アーシュラ・K・ル=グウィン

【邦題】
オメラスから歩み去る人々

【著者】
アーシュラ・K・ル=グウィン

【関連する作品】
ポムナル(Spring Day)のMV

アーシュラ・クローバー・ル=グウィンは、アメリカの女性作家です。(ゲド戦記の原作者です)
「オメラスから歩み去る人々」は、初期作品の短編集「風の十二方位」に収録されています。

アルバム「wings外伝:YOU NEVER WALK ALONE」に収録されたタイトル曲「ポムナル」のMVは、夢幻的な世界観は、「オメラスから歩み去る人々」からアイデアを得たものです。

「デミアン」ヘルマン・ヘッセ

【邦題】
「デミアン-エーミール・シンクレールの少年時代の物語」

【著者】
ヘルマン・ヘッセ

【関連する作品】
アルバム「WINGS」

デミアンは、ドイツ生まれのスイス人作家ヘルマン・ヘッセが1919年に発表した作品です。

2016年に発売されたフルアルバム「WINGS」は、デミアンをモチーフに制作されました。
タイトル曲の「血、汗、涙」のMVでも、デミアンをモチーフにした要素がたくさん登場している。

その他

その他、BTS作品に関連があると思われる書籍達。

スポンサーリンク