日本でだけリリースした、日本オリジナル楽曲を集めてみました。
(実はそんなに日本オリジナル楽曲って好きな曲がないので、感想が雑です・・・)

*また、追加しましたので12曲になりました(2020.7)

楽曲パターン


BTSの楽曲には、だいたい3パターンありますよ。

  • 韓国語バージョンのみの曲
  • 韓国語バージョン&それを日本語にした曲の2バージョンあるパターン
  • 日本語バージョンのみの曲(日本オリジナル楽曲)

日本オリジナル楽曲と言うのは、3つめのパターンの事なんだけど、「いいね!Pt.2」に限っては、後に韓国語バージョンも出来ました。

これ以外には、中国語でサンナムジャ(Boy In Luv)を歌っているものもあります。
これは、中国では無く、台湾でリリースしたアルバム「Dark & Wild」に収録されていたみたいです。
台湾盤だけの、ボーナス・トラックって感じですね。

Boy In Luv(Chinese ver)- YouTube(中国語バージョン)

あと、MIC DROPはリミックスしたバージョンに英語版があります。(全部英語じゃないけど)
今後は英語バージョンが増えていくんじゃないかなと、個人的には思ってますが、どうなるんでしょうか。

スポンサーリンク

WAKE UP

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥3,291から
(2019/4/26 12:15時点)


WAKE UP
作詞作曲:J-Hope・Suga・RM・SWING-O・KM-Markit(日本語作詞)
リリース日:2014年12月24日
収録アルバム:WAKE UP(アルバム)

WAKE UP(YouTube検索)

【感想】
この曲を聴くと少し懐かしい気持ちになります。ちょっと前のR&B系J-POPみたい?
静か過ぎず、ノリノリ過ぎずで、作業中に流れてても邪魔にならない感じの曲です。
テテのウォッオー♪が良い味出してますね。

いいね!Pt.2 〜あの場所で〜

いいね!Pt.2 〜あの場所で〜
作詞作曲:SLOW RABBIT・RM・SUGA・J-HOPE・KM-MARKIT(日本語作詞)
リリース日:2014年12月24日
収録アルバム:WAKE UP(アルバム)、THE BEST OF 防弾少年団 -JAPAN EDITION-(ベストアルバム)

当初は日本オリジナル楽曲ということでしたが、韓国語バージョンもあります。
なかなか評判が良かったので、あとから韓国バージョンも作ったみたいです。

いいね!Pt.2 〜あの場所で〜(ダンスプラクティス動画)

【感想】
内容的にはいいね!Pt.1と歌詞が続いている失恋ソングなんだけど、軽く聞き流せる感じなので好き。

THE STARS

THE STARS
作詞作曲:KM-MARKIT・RM・SUGA・J-HOPE
リリース日:2014年12月24日
収録アルバム:WAKE UP(アルバム)

THE STARS(YouTube検索)

【感想】
この曲も「WAKE UP」と同様に、懐かしい感じの曲調ですが、個人的にはコッチの方が好きです。
ケムマキさんが作曲してるみたいですね。安定のSUGAラップ部分が好き。
特に初期の楽曲では、テテの低音が良いアクセントになってて、好きです。

FOR YOU

FOR YOU(初回限定盤A)(DVD付)

中古価格
¥584から
(2019/5/27 00:58時点)

FOR YOU
作詞作曲:UTA・HIRO・RM・SUGA・J-hope・Pdogg・KM-Markit(日本語ラップ作詞)
リリース日:2015年6月17日
収録アルバム:FOR YOU(シングル)、YOUTH(アルバム)、THE BEST OF 防弾少年団 -JAPAN EDITION-(ベストアルバム)

FOR YOU - BTS(公式MV)

【感想】
シングルA面として出す初めての日本オリジナル楽曲だし、完全に日本向けに作られた曲とMVですね。
曲もMVも単純と言うか...ちょっと少女漫画っぽくて個人的にはそんなに好きじゃないけど、ありがたい曲なので嫌いとは言えない。
ジョングク氏の着ぐるみ姿は可愛い。

Good Day

Good Day
作詞作曲:Matt Cab・Ryuja・SUGA・J-hope・RM・KM-Markit(日本語ラップ作詞)
リリース日:2016年3月15日
収録アルバム:RUN- Japanese Ver.-(シングル)、YOUTH(アルバム)

Good Day(YouTube検索)

【感想】
全体的に日本向けの曲って明るくて前向きな感じで、毒が抜かれている感じがする。
嫌いじゃないけど、もっと毒々しいのも聴いてみたいな。

Wishing on a star

Wishing on a star
作詞作曲:Matt Cab・Williie Weeks・Daisuke・RM・SUGA・J-hope・KM-Markit(日本語ラップ作詞)
リリース日:2016年9月7日
収録アルバム:YOUTH(アルバム)

Wishing on a star(YouTube検索)

【感想】
前向きになれる良い歌詞です。

Crystal Snow

MIC Drop/DNA/Crystal Snow(初回限定盤A)(DVD付)

新品価格
¥1,139から
(2019/4/26 12:26時点)

Crystal Snow
作詞作曲:RM・Soma Genda・Kanata Okajima
リリース日:2017年12月6日
収録アルバム:MIC Drop/DNA/Crystal Snow(シングル)、FACE YOURSELF(アルバム)

Crystal Snow(公式YouTubeチャンネル)

【感想】
Crystal Snowは、今までの日本語楽曲と違う雰囲気になりました。
作詞作曲に新しい方たち(源田爽馬さん、岡嶋かな多さん)が参加しているからかもしれない。
聴いていると、雪の中にいる様な気分になる綺麗な曲&歌詞で、ジミン&ジンの高音パート(サビ)が特に聞き応えあります。

この曲のリミックスバージョン「Crystal Snow (Tokima Tokio Remix)」が、期間限定でマクドナルドで聴けました。
Tokima Tokioさんと言う方がリミックスしたバージョンで、マクドナルドでFREEWi-Fiにつないで、AWAをダウンロードすれば聴けるものでした。

don't leave me

FACE YOURSELF(初回限定盤B)(DVD付)

新品価格
¥2,768から
(2019/4/26 12:27時点)


don't leave me
作詞作曲:UTA・MIHIRO~マイロ~・Sunny Boy・Pdogg
リリース日:2018年4月4日
収録アルバム:FACE YOURSELF(アルバム)

坂口健太郎さん主演ドラマの主題歌。

don't leave me(公式YouTubeチャンネル)

【感想】
最初に聴いた時は、音が高過ぎて歌声が辛そうに聞こえたんだけど、聴き慣れると凄くイイですね。
ドラマも毎回見ていますが、ちょうど良い所でこの曲がかかるので、ゾクゾクします。

Let Go

Let Go
作詞作曲:UTA・MIHIRO~マイロ~・JUN・Sunny Boy
リリース日:2018年4月4日
収録アルバム:FACE YOURSELF(アルバム)

Let Go(公式YouTubeチャンネル)

【感想】
最近の日本オリジナル曲は、高音パートが目立ちますね。個人的にジミン氏の高音が大好きなので、この曲の「アイガラレッチューノ」の部分で白飯3杯くらいいけます。

Lights

Lights / Boy With Luv(初回限定盤A)(DVD付)

中古価格
¥387から
(2019/8/16 10:06時点)

Lights
作詞作曲: UTA・Yo-hey・SUNNY BOY・RM
リリース日:2019年7月3日
収録アルバム:Lights / Boy With Luv(シングル)

本来なら2018年の秋頃には別の楽曲が発表される予定でしたが、色々あって...久々の日本オリジナル楽曲になりました。

Lights - BTS(公式MV)

【感想】
曲調も歌詞も今のBTSぽいなと思いました。色々な解釈があると思うけど、私は単純にファンとの関係を歌っているように聞こえました。ARMYはバンタンの光であり、バンタンもまたARMYを照らす光である...みたいな。良い歌詞です。

Stay Gold

Stay Gold
作詞作曲:UTA・SUNNY BOY・Melanie Joy Fontana・Michel "Lindgren" Schulz・JUN・KM-MARKIT
リリース日:2020年6月19日(先行配信)
収録アルバム:MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~(アルバム)

Stay Gold(公式MV)

【感想】
1度聴いただけでサビのメロディーが頭から離れなくなる曲です。また今回もかなりの高音曲ですね。初めて聴いた時は、ちょっと古臭い?と感じてしまったけど、テレビでの生歌を聴いてからハマってきました。

Your eyes tell

Your eyes tell
作詞作曲:Gustav Mared・Jung Kook・Uta・JUN
リリース日:2020年7月15日
収録アルバム:MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~(アルバム)

Your eyes tell(公式YouTubeチャンネル)

【感想】
ジョングクが作詞・作曲を手がけた楽曲で、映画「きみの瞳が問いかけている」の主題歌にもなっています。正直言ってそんなに期待していなかったんだけど、聴いてみたら映画のイメージにぴったりと合う良い曲でした。(映画見てないけど)あらためて、ジョングクの黄金才能を再確認できる曲です。歌詞がまた、グクっぽくていいですね。

スポンサーリンク