前回は、BTSの作品に関連する本でしたが、今回のは、BTSメンバーの愛読本や、ファンに向けてオススメしていた本の情報です。

本といえば、文系リーダーのナムジュンが人一倍読書をしているので、ナムジュンの情報がメインです。

シュガが読んだ本

シュガが読んだ本の情報は、2冊ありました。

スポンサーリンク

ライフ・レッスン

エリザベス・キューブラー・ロス/デヴィッド・ケスラー

【題名】
Life Lessons(ライフ・レッスン)

【著者】
エリザベス・キューブラー・ロス/デヴィッド・ケスラー

あらすじを調べてみた所「死を目前にした人たちから教わる人生の教訓と、人間の生に対する真実...」という、人間の人生とはという内容みたいです。

彼女について

【題名】
彼女について

【著者】
よしもと ばなな

2010年に韓国ネイバーにも連載された吉本ばななさんの作品です。

吉本ばななさんが韓国の読者へ向けたメッセージ
「この小説は悲しく切ない話です。決して明るい内容ではありませんが、このような憂鬱な時代には、こういう雰囲気の小説に浸ることがむしろ癒しになると信じて書きました。」

ホビのオススメ本

ホビのオススメ本は2冊です。

自分らしさを愛せますか

【題名】
Living Loving and Learning
(邦題:自分らしさを愛せますか)

【著者】
レオ・ブスカーリア

著者はアメリカの教育学者で、「Living Loving and Learning」は1982年に出版され、ベストセラーになった本です。
自己実現と愛の実践法について書かれている本です。
ナムジュンも読んだ本みたいです。

心配するな

【題名】
걱정하지 마라(心配するな)

【著者】
クルペウ

ホビがARMYへおススメする本として、紹介していました。
作者のクルペウは、自分への励ましの言葉や共感の言葉をSNSに投稿を始めたところ、徐々に話題になり、2015年にこれらの言葉をまとめた「心配するな」が出版されて作家デビューしました。

日本では出版されていませんが、気になる方はインスタグラムを覗いてみて下さい。

クルペウのインスタグラム
@jell1ine1768

テテが読んだ本

2018年に、テテが読んだ本をTwitterに投稿していました。

Life Balancer

【題名】
Life Balancer

【著者】
キム・ジヌ

なんと、テテも自己啓発本を読んでいた!
著者のキム・ジヌさんは、ライフバランスパーソナルトレイナーとのこと。
「仕事-健康-生活のバランスを取り戻すための具体的な方法を指南している本」で、K-POPアイドルたちがこぞって読んでいるようです。
日本語版は発売されていないようです。

母をお願い

【題名】
엄마를 부탁해(母をお願い)

【著者】
申京淑

2009年に韓国で発売されて大ヒットしたシン・ギョンスクの小説。
舞台やミュージカルにも、採用されている作品です。

ジョングクが読んだ本

1cm+

【題名】
1cm+

【著者】
キム・ウンジュ

グクが10代の頃のインタビューで、ファンからプレゼントされた「1cm+」を、休憩時間や寝る前に読んでいると発言していました。
グクの感想としては「今よりももっと上手に話せるようになる気がする」だそうです。
ナムジュンも同じ本を読んだそうです。

私は私のままで生きることにした

【題名】
나는 나로 살기로 했다(私は私のままで生きることにした)

【著者】
キム・スヒョン

グクが読んでいた本として、ちょっとした話題になりましたね。
実際に読んだと発言はしていないんだけど、ボンボヤ3のグクの部屋に映り込んでいた本みたいです。
内容的には自分を大事にして生きていく〜という啓発本なので、もしかしたら次作アルバム(ペルソナ)の参考に読んでいたのかも?

RM愛読本

ナムジュンは、とにかく読んでいる本の量が多いです。
ジャンルも古典から心理学まで、とても幅広く読んでいます。

クモンカゲ 韓国の小さなよろず屋

【題名】
동전 하나로도 행복했던 구멍가게의 날들
(邦題:クモンカゲ 韓国の小さなよろず屋)

【著者】
イ・ミギョン

RMがARMYへおススメする本として、紹介していました。
クモンカゲというのは、日本語でいうと「よろず屋」になります。
食料品や生活雑貨などを売っている小さな商店の事です。
韓国のクモンカゲを描き続けて来た画家イ・ミギョンのエッセイ画集です。

自然について

ラルフ・ワルド・エマーソン

【題名】
Nature(邦題:自然について)

【著者】
ラルフ・ワルド・エマーソン

公式YouTubeチャンネルで、RMがこの本を読んでいる姿が映されました。
作者のエマーソンは、アメリカの思想家であり、牧師でもある作家です。
Natureは1836年に発表されたエマーソンの処女作です。

ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに

【題名】
보노보노처럼 살다니 다행이야
(邦題:ぼのぼのみたいに生きられたらいいのに)

【著者】
キム・シンフェ

海外ツアー中に放送したVアプで、RMが紹介していた本です。
忙しくて読めていなかった本を読もうと思い、海外ツアーに持って来たとの事でした。
なぜか韓国で人気な「ぼのぼの」ですが、この本は「ぼのぼの」から教わったことを元に書かれた癒し系エッセイです。

A Bigger Message

【題名】
A Bigger Message: Conversations With David Hockney

【著者】
マーティン・ゲイフォード

これもRM読んでいる姿が映された画像が出て、話題になった本です。
美術評論家のマーティン・ゲイフォードが、イギリス出身の人気画家デイヴィッド・ホックニーと芸術に関する対談している本です。
日本語版は出ていません。

その他

ナムジュンの愛読本は、まだまだたくさんあります。

海外文学


いつも気にしすぎてしまうあなたへ/ベルベル・ヴァルデツキー (著)


異邦人/アルベール・カミュ (著)


The Noonday Demon(邦題:真昼の悪魔)/アンドリュー・ソロモン (著)


ニーチェの言葉/ニーチェ (著)


Man Box/トニー・ポーター (著)


ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日/ジョジョ・モイーズ (著)


これからの「正義」の話をしよう/マイケル サンデル (著)


変身/フランツ・カフカ (著)


銀河ヒッチハイク・ガイド/ダグラス・アダムス (著)


存在の耐えられない軽さ/ミラン・クンデラ (著)

韓国文学


소년이 온다(少年が来る)/ハンガン (著)


82년생 김지영(82年生まれ、キム・ジヨン)/チョ・ナムジュ (著)

서울시(ソウル市)/ハ・サンウク (著)

知的対話のための、広く、薄い知識:現実世界編/チェ・サジャン (著)

밤 열한 시(夜11時)/ファン・ギョンシン (著)

한입 코끼리(ひとくちの象)/ファン・ギョンシン (著)

내 하루는 늘 우연히 널 만납니다(私の一日はいつも偶然に君に会います)/キム・ジュン (著)

이 짧은 시간 동안(この短い時間の間)/チョン・ホスン (著)

우리가 어느 별에서(我々はどの星から)/チョン・ホスン (著)

수선화에게(スイセンの花へ)/チョン・ホスン (著)

지금 알고 있는 걸 그때도 알았더라면(今知っている事をあの時も知っていたら)/リュ・シファ (著)

사랑하라 한번도 상처받지 않은 것처럼(愛せよ、一度も傷ついた事がないかのように)/リュ・シファ (著)

日本文学


ノルウェイの森/村上春樹 (著)


騎士団長殺し/村上春樹 (著)


限りなく透明に近いブルー/村上龍 (著)


蛇にピアス/金原ひとみ (著)


キッチン/吉本ばなな (著)

スポンサーリンク