花郎(ファラン)のハンソン役で俳優デビューをしたテヒョン。
この時の演技の評判は、けっこう良かったみたいです。

そんなテテの初演技の感想と、世間の評判について調べてみました。

初演技を終えた感想

以下「演技を終えてみての感想」という記事より意訳です

テヒョン:
初めて演技に朝鮮することになって、正直プレッシャーも大きかったし、かなり緊張もしました。
現場のスタッフの方達からたくさんの事を教えていただいて、助けていただいて、楽しく撮影を終える事が出来ました。
本当に感謝しています。

撮影中は、ハンソンと一緒に、笑って泣いて、ハンソンの演技が出来て幸せでした。
ファランを見て下さる皆さんに、僕が感じたハンソンの心を伝えられる事を望んでいます。

テヒョンの演技に関する評判

以下、韓国のネットから拾った、テヒョンの演技に関する評価です

●とても自然で良かった。
不自然な演技ではなく、普段のままの愛らしい演技だった。
最近のアイドルはみんな演技が上手みたいですね。

●表情と声のトーンは悪く無かった。
ただ、凄く上手なわけでもなく、凄く下手なわけでもない。
そんな感じ。

●アイドルだからという事で、ネット上の評価が厳しすぎると思う。
そんなに悪くはなかったと思う。

↓どうやら、一部ではとても厳しい意見が出ていたりもしたみたい

●アイドルが演技をする事に否定的な人も多いですが、ハンソン役が似合うと言う理由で選ばれただけです。
それと、演技が下手だと言う意見もありますが、テヒョンは俳優を目指していたわけではないので、他の俳優達の様に演技の練習をしていた事も無く、指導も受けていません。
それで、あの演技はむしろ凄いと思います。

●本人もアイドルが演技をする事で批判される事は分かっていたと思いますが、ファン達が喜ぶと思って出演してくれた様です。

●母親と一緒に見ていたけど、最後は号泣しました。ハンソン....

●演技すごく上手...この人に出来ない事はないの!?

--- ここまで ---