テテの特技(?)といえば、中学の頃に3年間習ったサックスです!

サックスを習い始めたきっかけ

テテがサックスを習い初めたのは、中学1年生の頃です。
お父さんから「将来は何になりたいんだ?」と聞かれ「歌手になりたい」と答えると、お父さんも昔の夢が俳優だったので「歌手になりたいなら楽器のひとつくらいは習わなきゃな」と真剣に言われたそうです。
それからテテは、サックスを3年くらい習いました。

サックスは見かけはカッコいいけど、実際は唇が痛かったり重かったりでかなり大変だったそうです。
だけど「歌手になるなら楽器の演奏くらいできないと」という思いから、サックスを習い続けました。
頑張って練習したおかげで、慶南大会で金賞を受賞したこともあります。

なお出演したテレビ番組では、サックスで芸術高校の音楽科を志望していたんだけど、不合格になってしまったとも話していました。

スポンサーリンク

サックスの腕前

バラエティ番組に出演した時に、テテがサックスを披露してくれました。


テテ「6年くらい演奏していないので、そこんとこよろしく」との前置きをしてから、7年前に練習していた曲(イーグルスのデスペラード)を披露しました。

続いて、テテのサックス演奏に、ジミンのダンスのコラボレーション!!


テテが選んだジャンルはEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)という4次元っぷりに、スタジオ大混乱。
「電子音楽をサックスで?」とユンギさんも驚きを隠せません。
しかし、サックスでEDM演奏が可能(?)ということが証明された瞬間でした。
肝心なサックスの腕前はよく分からなかったけど、音は凄くしっかりと出ていましたね。

なお、緊張して水を飲み過ぎてしまったテテは、番組中にも関わらずお手洗いへ向かわれました。

サックスを辞めてしまった理由

サックスを辞めてしまった理由は、やはり唇が痛いから。
それと、4年目になって実力が思うように伸びず、もどかしかったんだそうです。

また、テテは中学生の頃から放送ダンス部というダンス好きな子たちが集まる場所で、K-POPダンスを踊っていました。
歌手になるならダンスが踊れないと格好悪いという気持ちもあり、もっとダンスに集中したいという理由もあって、サックスは辞めてしまったみたいです。

スポンサーリンク