メキシコのTV番組で有名タレントがBTSに対して失礼な発言をした!
というニュースについて調べてみました。

メキシコでの騒動とは

以下、2018年5月28日メキシコのテレビ番組「Farándula 40」での出来事です。

番組の中で、21日のビルボード授賞式に出席した防弾少年団の姿が流れました。

その様子を見た司会者たちが、

「この人たちがGUCCIを着ても何の宣伝にもならない。今回のコレクションは失敗だね」
「男なのにガリガリで弱々しく見えるし、ヘアスタイルも変だし、これで服が格好よく見えるとでも!?」

などと発言しました。

さらに、彼らは調子に乗って

「ゲイクラブで働いてるみたいだ。LGBTグループがあちこちで売春をしてるみたいに見える」

とまで言い出しました。

しまいには、

「あの人達みんな女性みたいに見えるけど、男性なんですよね?」
「多分そうだと思うよ」

などと発言します。
こんなやり取りを見て観客達は大笑いしていました。

しかしこの放送を知った世界中のBTSファンは、次々にFarándula 40のSNSへ謝罪を要求しました。
騒動が大きくなったこともあってか問題発言をしたメキシコのタレントHoracio Villalobosさんは、29日にFacebook上で
「BTSファンを傷つけてしまって申し訳ない」
と謝罪をしました。

(以上、SBS NEWSより意訳しました。)

スポンサーリンク

思った事

このニュースを知り、発言をしたメキシコのタレントを見て、まず1番に思った事は、

お前らが言うな(笑)

です。

おっと...
同じレベルで言い合ってはいけないですね。

「人の悪口を言う事は、自分自身の価値を落とす事でしかない」と思っているので、彼等を悪く言ってはいけませんね。

しかし、テレビに出るくらい影響力のある人が、こんなに幼稚な発言をしてしまった事は非常に残念ですね。
BTSを抜きにしても、テレビ番組の司会者がこんな発言をして笑いを取るって大問題だと思うんだけどな。

この騒動で世界中のARMYが抗議したみたいですが、特に1番悔しい思いをしたのは現地メキシコのARMYだと思います。
自分の国でこんな問題が起きたら、そりゃ辛いよね。

私は詳しく知らなかったんだけど、もともと南米ブラジルやメキシコの一部では東洋人に対する差別があるんだそうです。
ご存知の様に、南米でもK-POPは大人気(特にBTSは大人気)なんだけど、それを良く思っていない層もけっこういるようなのです。
日本にも異常な嫌韓層がいるからそんな感じなかな?

今回の問題発言は人種差別だけでなく、LGBTの方々への性差別も含まれています。
おそら騒動を起こした司会者たちは、無意識に発言していた部分もあると思うんですよね。
なので、これをキッカケに自分たちが差別的な考えを持っていた事に気付いて欲しいなと思いました。

ポジティブに考えれば、「今回の様な騒動が起こったことで差別について考える機会が生まれた」とも言えるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク