去年(2017年)は英語圏への進出も果たした防弾少年団ですが、アメリカの番組で堂々と英語で話すメンバーの姿が話題になった様です。
まあ、これは多分RMの事をさしているんだろうけど、彼の英語はとっても流暢ですよね。

メンバーの英語の実力

日本語にしても英語にしても、凄く流暢に会話している時とダドタドしい時がありますが、アレは事前に言う事を練習している時とそうでない時の違いかなって思います。(RM以外のメンバー)

映像を見ていると、RMは通訳無しでも英会話が出来ているのがわかります。さすが脳セク男です。
受け答えの反応も早いし、メンバーに通訳してあげられるくらい余裕を持って話していますね。

JINは、RMの次に英会話が出来ると思います。
基本的な英語文法を使って会話している姿が、親しみを感じます。
なんていうのかな…旅行英語?そんな感じの英語です。

その他のメンバーに関しては、多分同じくらいだと思うんだけど…英語の実力と言うよりも、性格の差って感じがします。
SUGAは最小限のシンプルな受け答え、J-HOPEはノリで乗り切る、JIMINは照れながらもキチンと伝えるって感じ、Vは英語でもテテ語。

ジョングクに関しては、良い時と悪い時の波が激しいですね。
学生時代に英語テストで2点を取ったという伝説があるように、たまに変な英単語が飛び出して笑いを誘います。
でも、歌っている時の英語の発音は非常に綺麗です。
グクは日本語の発音も上手なので、きっと耳が良いんでしょうね。(歌が上手い人って、だいたい耳が良いから外国語の発音が上手。)
ジョングクが本気で外国語を勉強したら、ネイティブに近い発音で喋れるんじゃないのかな!?(でも語彙は少なそうだ。)

スポンサーリンク

RMの英語勉強法


Rap Monster “1minute English” より 動画はコチラから→【1】【2

RMは小学校の頃に4ヶ月だけニュージーランドに滞在していた事があるそうです。
でも、英語圏に居た経験はその時だけで、英語はほとんど独学で身に付けたんだそうです。

アメリカのテレビ番組(エレンの部屋)に出演した時に、RMは英語の勉強方法を話していました。
どうやら、RMが14〜15歳の頃に両親達が英語の勉強としてNBCシットコム「フレンズ」を子供に見させるというのが流行ったらしいんです。

RMは、「フレンズ」を最初は韓国語字幕で見て、2回目に英語字幕で見て、3回目に字幕無しで見て英語を勉強したんだそうです。
その他、コメディドラマだけではなく、HipHop音楽の歌詞を解釈しながら勉強したりしたそうです。

さらに、事務所にスパルタ式英語学習をさせられた事もあるらしいです。

こういった、さまざまな勉強法のおかげで、今の英語力が身についたみたいですね。

韓国人のスパルタ学習って、本当にスパルタで、1日に10時間以上とかやるやつだと思います。

英語を話している映像

実際に英語を話している映像を見てみましょう!
まずは英語担当のRMから。

デビュー前のログなんだけど、これなんと全て英語で話しています!
凄い。

続いては、デビュー初期の映像から。
飛行機の中で頑張って英語を話そうとするJ-HOPEとメンバーたち。

RMにふった後のホビのきょとんとした顔がかわいいですね。
見所はホビの「ユア ダーティーウォーター ドントタッチ マイフェイス」です。(JIMINにツバ飛ばすな、と言っているw)
そしてこの短い時間の中でジョングクが熟睡してしまうという、のび太なみの寝付きの良さもうかがえます。
(1分までは起きて英語を話している→2分くらいでウトウトする→3分過ぎで熟睡)

最後に、2017年MAMAのバックステージから。
J-HOPE&JINが英語でインタビューをすすめようと奮闘している様子です。

英語だけじゃなくて、日本語や中国語も飛び出すグローバルなインタビューです。
しかし、SOGAMも英語なんですねw初めて知りました。(ソガムは感想の意味です。)

他にも、YouTubeで英語を話す防弾少年団を見る事ができます。