実は私、シナ(神話)ファンでした。
てことでシナとバンタンについての雑記です。


先日、神話ミヌ氏のインスタグラムに、ジョングク&ミヌのツーショット写真がアップされました。
年の差18歳の2人がどうやって知り合ったのかというと…

ジュングクとミヌが(わたし的に)夢の共演

2000年代前半に韓国で大人気アイドルグループだったのが神話(SHINHWA)です。
その中でも人気ナンバー1だったのがイ・ミヌでした。(たぶん)
そんなミヌ先輩をジョングクが指名するという形で、バラエティ番組(イケメンブロマンス)での共演が実現されました。

※イケメンブロマンスのジョングク&ミヌ編は、Vliveで全て無料で見られます。
イケメンブロマンス【エピソード1】【エピソード2】【エピソード3】【エピソード4】【エピソード5

まさか、この2人が共演するなんて、夢みたい!!と、興奮しながら拝見しました。
でも、ん?この映像なんか変だぞ??
ミヌ先輩の口まわりが青っぽくなっている…?いや、そんな事よりも気づいてしまったのです。

確かミヌ氏は、公式では身長175センチだったんです。
グクは公式で178センチ(自分では176くらいって言ってた気がする)だから、本来なら1〜3センチしか違わないはずなのに、何かかなり差がある様に見えるのです。

これはきっと…あれかな?
ジョングクとミヌは、常に高低差の激しい所に立っていたのかな。
うん、きっとそうだなうんうん。
座っている時の背の高さ(座高とも言う)は同じくらいだし、きっと…遠近法だ、うん…

て、そんなはずはない。

実はシナファンだった当時も、ミヌの身長設定は怪しいなって思うこともあったんですけどね。
ミヌ先輩は、今じゃすっかりオヤジっぽくお兄さんぽくなっちゃたけど、若い頃はクールウォーターなんて呼ばれてて、とにかくクールで男らしい美少年だったんです。(フォロー)

スポンサーリンク

神話について

View this post on Instagram

🍊신화야 20살 생일 축하해~🎂🎉

Mさん(@mstyle79)がシェアした投稿 –

では、ちょっとここらでミヌ先輩の所属するグループ、SHINHWAについてご紹介します。

【神話(shinhwa)とは】
韓国で、1998年にデビューした6人組の男性アイドルグループ。通称シナ。
ヘソンをメインに、ミヌ・ドンワン・チョンジンの4人がボーカル担当で、エリックが主に英語ラップ、エンディが韓国語ラップを担当している。

wikipediaによると、韓国アイドル界第1世代って書いてあるけど・・・微妙に第1世代ではありません。
韓国の有名アイドルは、ソテジ(1992年〜1996年)→H.O.T(1996年〜2001年)→神話(1998年〜)です。

イケメンブラマンスでは、ジョングクが「BTSのロールモデルはSHINHWAなんです!」って言ってました。(初耳だ。)
てっきりBIGBANGだと思っていたんだけど・・・両方なのかな。

そんなジョングクも尊敬するシナですが、BTSはシナの曲をTV番組でカバーしてるんですよね。

神話のヒット曲をBTSがカバー

バンタンがカバーした神話のヒット曲「Perfectman」は、かなり評判のステージだったようです。
私も好きです。

BTSバージョン→Perfectman – BTS(2015 MBC Music festivalのライブ映像)
SHINHWAバージョン→Perfectman – SHINHWA(原曲)

シナの曲って、全体的に男らしい曲が多いんですよ。
歌詞の内容も、凄く攻めまくってるというか、非常に男らしい歌詞が多いんです。
(でもよく考えると、実は女々しい事を男らしく歌っているだけ。)
Perfectmanも、男らしい歌詞とミヌの野性的な歌い方が凄くマッチしていて大好きでした。

で、そんなミヌ先輩のパートを歌うのが、意外にも(?)ジミンだったんですよね。
2人の雰囲気は正反対ですよ。

ミヌ=ワイルドな歌い方
ジミン=優しい歌声

私的にはミヌパートはテテが合うかなと思ったんだけど、意外とジミンの歌声も合っていました。
むしろ凄く良いです。

逆にグクはヘソンの声の雰囲気に似てて驚きました。(似せてるのかな)
良く聴けば全然違う声なんだけど、原曲を慣れ親しんでいた私でも、違和感無く聴けます。
グクは歌もダンスも、ホントに綺麗にまとめますよね。

エリックの英語ラップ部分はホソクが担当で、これまた違和感の無い見事なラップでした。
ちなみにエリック氏は、アメリカ育ちで英語が出来るので英語ラップ全般を担当してました。
この時はナムジュンが怪我で出演出来なかったんだけど、もし参加していたらエリックパートはナムだったのかな?
それはそれで聴いてみたいけど、この時のホビの英語ラップはかなり格好良いです。惚れます。

ヘソン&ドンワンのパート→ジョングク
ミヌ→ジミン
エリック→ホソク

という感じですね。

当時、初めてPerfectmanを見た時は「韓国アイドルあか抜けたな〜」って思ったんだけど、今当時の映像を見るとやっぱちょいダサい(笑)

T.O.P.のカバー

私が神話にハマったきっかけの曲「T.O.P.」も、BTSはカバーしています。
これは白鳥の湖をサンプリングしてるんだけど、当時はそんな感じでクラシック音楽をサンプリングするのが流行ってたんです。
(たぶん、スウィートボックスのEverything’s Gonna Be AlrightっていうG線上のアリアをサンプリングした曲が世界的にヒットした曲あたりから、そういうのが流行ったんだろうと思う。)

「T.O.P.」BTSバージョン(YouTube)

ミヌパート→JK
ヘソンパート→JK&ジミンで分割(1番の見せ場のイジェーンはジミン)
ドンワンパート→テテ&ジンで分割
エリック(英語ラップ)→レプモン
チョンジン(韓国語ラップ)→ホソク

BTSカバーバージョンは、ジャストサイズの制服とスニーカーが今っぽいですね(ジャストサイズというのがポイント。特にこんな細身のパンツは、シナ時代ありえなかった。)
でも、こっちはパーフェクトマンに比べると音響がちょっといまいちですね…

「T.O.P.」神話バージョン(原曲)(YouTube)

これが当時の韓国アイドルの基本ダボダボ衣装です。
当時は、例えスーツを着ていても下は超ダボダボ系パンツだったんですよね(笑)

それと、歌詞がDRCとかMILとかDOPとかDOGとか・・・一体なんの暗号だ!?って思いますよね。
そもそもT.O.Pも何の事!?って感じだし。
これも当時流行ってて、略語って言うのかな?グループ名もH.O.TとかS.E.Sとgodとかそういう感じで短縮させるのが流行っていたのです。
今で言うDAI語的な感じですね(笑)

個人的には「Only One」もカバーして欲しいですね。
Only One – SHINHWA(YouTube)

Only Oneの歌詞は、ストーカーの気持ちを歌ってるんじゃないの?ってくらい怖いんだけど、それをイケメンが格好良く歌うっていうのが萌えるんです。
ぜひ「お前の使ってるシャンプーを知っている」的な変態ラップ部分をシュガ様にやって欲しいと思ってます(´Д`)ハァハァ