TXT(TOMORROW X TOGETHER)メンバーたちの練習生期間や、歌手を目指す事になったきっかけなどのエピソードをまとめてみました。

練習生期間

スビン 3年間
ヨンジュン 4年
ボムギュ 2年間
テヒョン 3年間
ヒュニンカイ 2年6ヶ月

スポンサーリンク

スビン(SOOBIN)


スビンの練習生期間は3年間
幼い頃から踊ったり歌ったりする事が好きだったスビン。
中学生の頃に友達たちと一緒に行事で舞台に出た時の反応がとても良かったので、それ以来「ステージに立ちたい」「歌手になりたい」と思うようになったそうです。
学生時代をアンサン(ソウルの隣)で過ごていたスビンは、ビッグヒットに入社して練習生となり高校を1年生で中退して、歌手になる事に全てを賭けました。

ヨンジュン(YEONJUN)

ヨンジュンの練習生期間は4年間
「伝説の練習生」とまで言われた実力派メンバーのヨンジュンですが、練習生期間はメンバーの中で1番長く4年間です。
誰よりもデビューを切実に望んでいたし、デビューを待つ時間はとても辛かったんだそうですよ。

ヨンジュンは中学2年生の頃に、友達と一緒に入ったダンスサークルで舞台に立った時の衝撃が忘れられず、それから歌手になる夢を抱き始めました。
ビッグヒットに入社する前にキューブのオーディションを受けた事もあるそうです。(オーディションに合格して練習生をしていたとの噂あり)

なぜヨンジュンが「伝説の練習生」かと言うと月末評価のたびに、歌・ダンス・ラップすべての部門で1位になっていたからです。
ビッグヒット練習生たちが、毎月必ず目にする名前がヨンジュンでした。

ヨンジュンと同じ高校に通っていた生徒が、
「(ヨンジュンは)1年下の学年だったんだけど、凄い格好良くて入学して来てすぐに噂になった!まわりの子達ともまんべんなく仲良く過ごしていて、性格も良いって言われてたんだけど2年生の頃に転校しちゃったのT_T」
とネットに書き込んだ事もあります。
学校でも人気者だったんですね。

またヨンジュンは練習生時代に、BTSテヒョンのソロステージのバックダンサーとして舞台に立った事もありました。

ボムギュ(BEOMGYU)


ボムギュの練習生期間は2年間
ボムギュは、TXTの中で1番練習生期間が短かったメンバーです。
中学生時代に軽音楽部でギターを担当をしていた事から、自然と「ステージに出てみたい」と思うようになったボムギュ。
実際に舞台に出てみた事から「歌手になりたい」と思うようになり、ビッグヒットへ入社して練習生になったそうです。
練習生になってすぐにTXTのメンバーになったので、まだ歌もダンスも慣れていなくてメンバーたちに必死について行きながら、夜遅くまで練習をしていたそうです。

テヒョン(TAEHYUN)


テヒョンの練習生期間は3年間
テヒョン君の練習生時代エピソードがなかなか見つからなかったのですが、子供の頃からキッズモデルや子役をしていたので、元々芸能界への関心は高かったようです。
また、練習生時代に初めてテヒョンを見たヒュニンは、テヒョンの目・鼻・口が大きいので、自分と同じくハーフだと思ったらしいです。

ヒュニンカイ(HUENINGKAI)


ヒュニンカイの練習生期間は2年6ヶ月
歌手だった父の影響で、幼い頃から音楽や楽器によく触れていたというヒュニン。
いつか自分の作った歌でファン達を感動させたいという夢を練習生の頃から持ち続けているそうです。

また、練習生として入った当初はまだ身長が160センチ台だったのに、どんどん他のメンバーの身長を越えて行き、3年経った頃には181.5cmにまで成長したそうです。
末っ子ヒュニンは現在もまだ成長中で、あと身長を追い越していないメンバーはスビンだけになりました。