実は語学が堪能なジナン。
母国語の韓国語の他に、日本語・中国語・英語も話せます。

4カ国可能な脳セク男・キムジナン


ジナンがどうやって語学を身につけたかと言うと、練習生時代から語学を習っていたというのもあるんだけど、
実は、ジナンのお母さんは、ソウル大学の言語学科出身なので、その影響で自然と語学を学んだんだそうです。

ちなみに、ソウル大学は日本で言う東大で、非常にレベルの高い大学です。
ジナンも、その優秀な血を受け継いでいるから語学が堪能なのでしょうか。

先日、韓国で放送された、「脳セク時代」に出演したジナンは、英語や日本語の実力を少しだけ披露してくれました。
(脳セク=脳がセクシーという意味で、頭が良い、頭の回転が速い、機転が利くという様な意味です。)

スポンサーリンク

日本語の実力

番組内で、ジナンは「日本語、英語、中国語が出来る」と言っていました。

ということで、まずは日本語から。
同じく番組に出演していたBlock Bの日本語担当パッキョンと、簡単な日本語会話をしました。


以下、すべて日本語での会話。

パッキョン「はじめまして」
ジナン「はじめまして」
パッキョン「私は日本語、キキトリは大丈夫ですけどォ」
ジナン「聞き取り?」
パッキョン「はい。シャベルはちょっと…」
ジナン「ああ、喋るのは」
パッキョン「はい」
ジナン「あの、今日の番組に関して、ちょっと説明してもらっていいですか?」
パッキョン「ああ、きょうは、私はきもちい」
(一同笑う)

と、パッキョン氏のとぼけた返しで日本語会話は終了しました。
(きもちい=気分が良いという意味で言ったみたい…だけどそれでも、ちょっと文章が変だw)

こうして聞いてみると、ジナンは日本語上手ですね。

英語の実力

続いて、韓国で活躍するアメリカ人タレントのタイラー・ラズチ氏との英会話を披露。

ジナン「hello」
タイラー・ラズチ「hello」
タイラー・ラズチ「Yeah.I don’t know what to ask you actually(うん、実は何を聞けば良いか分からないんですが…)」
タイラー・ラズチ「I was gonna ask the same thing. Why is your name iKON?(どうしてチーム名をiKONにしたのか、気になるんですけど)」
ジナン「It’s actually iCON but it changed to K.It means KOREA.(元々iCONなんだけど、CをKに変えたんです。KはKOREAの意味です。)」

ちゃんと、質問に英語で答えられている!

ジナンが英語をある程度喋れるのは、フィリピンへ英語留学していたからだと思います。
実は、ソウルへ上京する前(中学を卒業した後)に、フィリピンに7ヶ月滞在していたんだそうです。

中国語の実力

番組では、中国語には触れていませんでしたが、YouTubeなどで中国語を話す姿を見る事ができます。

*中国語を話すジナンをyoutubeで検索してみる。

とは言え…私は中国語がサッパリ分からないので、どれほどの実力なのかは分かりません。

あと、YouTubeを見ていると、タガログ語を話すジナンの姿もチラホラ出て来ますね。
フィリピン滞在中に覚えたのかな?