ジナンがYGの練習生になる前の話。
(主に、インタビュー記事からの抜粋です。)

スポンサーリンク

練習生になるまで

ー 歌手になるために、チェジュ島からソウルに上京したんだよね。YGエンターテイメントが初めての芸能事務所なの?

ジナン;
高校2年生の時にソウルに来て、アルバイトをしながらボーカルレッスンの学校に通ってたんだ。
7ヶ月間自炊をしながら、家族は僕が歌手になるなんて信じてなかったんだけど、ソウルに行ってアルバイトまでしながらボーカルレッスンをしてたから、支援をしてくれた。
家賃だけ、親に出してもらってたんだ。
ボーカル学校には、半年分の受講料を最初に払ってたんだけど、3ヶ月目にYGに合格したので、残りの3ヶ月分は払い戻してもらった。

ー お!払い戻しできたんだね?

ジナン:
ありがたい事に、払い戻ししてもらえました。
どんな人でも何かを決める時に、100%の確信を持つのは難しいじゃない?「ダメだったらどうしよう」みたいな気持ちもあったんだけど...だけど、ラッキーだった。

ー 実力があったから、1回でオーディションに受かったんだよ。ところで、YG以外の芸能事務所に行きたいっていう気持ちもあったんじゃないの?

ジナン:
YGにだけ固執していたわけでなかったんだけど、YGは僕が1番好きな事務所だった。
中学校の時の、僕のアイドルはBIGBANGだったんだ。
カラオケに行けば、全曲歌うくらいだったし、ラップも全部覚えたよ。ダンスの振り付けも。

ー 18番は何?

ジナン:
当時BIGBANGの曲の中では「コジンマル(LIES)」が最高だったね。
あと、BIGBANGの曲以外では、イ・スンギの「サクチェ(削除)」っていう曲もよく歌った。
僕と相性がイイ曲って言うのかな、まわりからの反応も良かったし、カラオケに行くと必ず歌う歌。

ー YGに一緒に入った同期はいるの?

ジナン:
iKONメンバーの中では、バビとB.Iが同期だね。
僕とB.Iが一緒に日に入ったんだ。
バビは、僕らよりも1週間あとに入って来た。

スポンサーリンク

フィリピン留学時代

ー なぜフィリピンに7ヶ月間いたの?

ジナン:
元々はチェジュ島に住んでたのが、フィリピンで学校に通わなきゃならなかったんだけど、凄く寂しかったし、歌手にもなりたかったから、再びチェジュ島に戻ってからソウルに上京したんだ。複雑でしょ?
語学研修をするためにフィリピンに行って、学校に通おうと思ったんだ。ところが、僕は通わない事にした。

ー だから、外国語が上手なんだね。

ジナン:
母親がソウル大の言語学科出身なんだ。だから、すこし(才能を)譲り受けたのかも。

ー わお!もう少し習ってみたい言語はある?

ジナン:英語

※フィリピン時代の学校の先生が投稿したと思われるSNS

ミンダナオ島のダバオの英語学校にいたみたいですね。
その後に、フィリピンの学校(高校か大学?)に、行こうとしてたのかな?
当時からK-POPアイドルになりたいって言ってたみたいですね^^