ボーカル&バラエティ担当テソンのプロフィールです。
日本での芸名はD-LITEで、韓国では本名のテソンで、活動しています。

スポンサーリンク

D-LITE基本情報


活動名:(海外)D-LITE、(韓国)テソン

本名:カン・テソン
漢字表記:姜大聲
ハングル:강대성
ローマ字:Gang Dae-seong

ポジション:リードボーカル(主に高音担当)

誕生日:1989年4月26日
身長:173cm〜178cm
体重:63kg
血液型:O型
干支:巳年
星座:おうし座
宗教:キリスト教(プロテスタント)

家族構成:父、母、姉
D-LITEの家族。お姉さんは女性軍人!

デビュー:2006年

学歴:
京仁高校中退(その後に高卒検定試験を受ける)
慶煕大学 PostModern音楽学科
国際サイバー大学 レジャースポーツ学科

スポンサーリンク

テソンの好きな事

特技
歌、英語、日本語

好きな食べ物
熟れた柿、ツナのジョン(チヂミ)

好きな事
熟れた柿、 ドラえもん、チェ・スンヒョン(T.O.P)

D-LITEの特徴


日本を含め、海外ではD-LITEという名前で活動している。
D-LITEは「楽しませる」という意味の「Delight」を簡便化したもの。

すでにデビューが確定していたG-DRAGON、SOLを除いた練習生のメンバーの中で唯一、審査員から満場一致で採用され、BIGBANGとしてメジャーデビューした。
ハスキーで涼しげな歌声と爆発的な声量が魅力的。

しかし、なぜか歌のパートが減って来ている...
声量があり、声を張り上げるような歌唱法が、YGの傾向とかけ離れているため、徐々に少なくなっているという推測もある。
YG側もこれを意識してか、BIGBANG4枚目のアルバムではロックバラードのイメージが強いソロ曲「Baby Don't Cry」を発表した。

ロック、バラード、モダンポップ、トロット(韓国の演歌)など、様々な音楽のジャンルに挑戦している。
その為、BIGBANGの事は知らなくても、テソンを知っているお年寄りも多い。

2013年と2014年は日本を中心に活動していた。
日本のファンとスタッフたち、そして本人が望む日本の歌をカバーした「D'scover」そして日本オリジナル・アルバム「D'slove」を発表し、好評だった。

D'scover (AL DVD)

中古価格
¥6から
(2019/5/3 18:08時点)

2017年4月12日、日本でのソロアルバム発売が確定している。
(韓国でのアルバム発売の情報はいまだ無い・・・)

D-Day(DVD付)(スマプラムービー&ミュージック)

中古価格
¥558から
(2019/5/3 18:08時点)

D-LITEの苦労

デビュー前
デビュー前は、父親が芸能活動をすることを激しく反対していた為に苦労した。

デビュー直後
デビュー直後には声帯結節(ポリープに近い)を患い、ステージに上がる事が怖くなった。

2009年のケガ
2009年には、バラエティ番組の収録を終えスンリと共に出演するミュージカルの最終リハーサルへ行く途中、運転していたマネージャーが雨の降る中でスピードを出し過ぎた為に事故を起こしてしまい、眼窩尖・肋骨・鼻の骨折に、脊椎にまでヒビが入るなど、全治8週間の怪我をした。
この時、片方の鼻は臭いを嗅ぐ事が出来なくなったと言う。左腕にはこの時の縫い傷が鮮明に残っている。
この怪我のせいで、ミュージカルを降板する事になった。

2011年の交通事故
2011年には、別の交通事故を経験した。
2011年5月31日未明1時40分頃、テソンが自身の車で運転中の事、ソウルの漢江にかかる楊花大橋の南端付近で前方不注意による交通事故を起こた。
道ばたに倒れていたバイク運転手を引きずったまま20mほど走行し、前方に停車していたタクシーに相次いでぶつかった。

警察は「ヒョンさんは31日午前1時27分頃、飲酒運転により、街灯に頭をぶつける単独事故を起こし道ばたに倒れていたが、約130秒後に大成の車とぶつかった」という結論を下した。
道ばたには、バイク運転手のヒョンさんがすでに倒れており、それを発見したタクシー運転手は急にハンドルを切って止まったが、テソンは道ばたに倒れているヒョンさんを発見できず、そのまま引きずって走行した後、止まっていたタクシーに衝突した。

この時に、道ばたに倒れていたバイク運転手のヒョンさんを死亡させたという疑いで在宅起訴されたが、最終的に検察は「テソンが事故を起こす前にヒョンさんが生存していたかを確認出来る証拠が無い」との理由から不起訴処理された。

この事故を起こした罪責感と、それに対するネット上の悪質な書き込みを経験し、一時は自殺を考えたりもしたという。

スポンサーリンク

テソンのトリビア

昔のテソン
もともと恥ずかしがり屋で、仲良くなった人に対してはふざけたりする姿も見せるが、基本的には人見知りで臆病な性格だった。

笑顔
YGのヤン社長によると、テソンは笑っていたからBIGBANGメンバーに選ばれたらしい。

理想のタイプ
メンバーはもちろんのこと、他の芸能人たちの間でも人気が高い。
BIGBANGメンバー全員からは、理想のタイプだとも言われている。

友達
秋成勲(秋山成勲)の自敍伝、「二つの魂」には推薦文を書いたりもしている。
BIGBANGが日本で活動を始め出した頃には、秋山が直接BIGBANGの宿所を訪れ差し入れを持っていたりもしていた。

TOPとの関係
TOPとは「カップル説」がある(笑)
2人ともスキンシップが苦手なはずなのに、DCインサイト(2ちゃんねるみたいな韓国のネット掲示板)のTOPギャラリー、テソンギャラリー、BIGBANGギャラリーでは、スキンシップをし合う2人をたくさん見られるし、お互いによくふざけ合っているようだ。
初期のドキュメンタリー番組では、自分たちを「漫才コンビ」だと言っていたが、2人は意外と共通点が多く、笑いのツボも似ているらしい。

SOLとの関係
SOLとは音楽のジャンルも似ているし(そうか??)、2人とも熱心なプロテスタントだという事もあり、テソンが練習生として入所してから1番初めに仲良くなったそうだ。
SOLによると、テソンは一度ハマると抜け出せなくなる程の魅力の持ち主らしく、どうにかしてテソンと関係を結びたがる女性が多いと言っていた。
あるファンミーティングでは、一日だけ女性になれるとしたらテソンと結婚したいとまで言っていた。

GDとの関係
G-DRAGONとは、運転免許を取るのも一緒だったし、慶熙大学のポストモダン音楽学科にも同じ年に入学し、一緒に中退してまた一緒に他の大学に編入した。

V.Iとの関係
皆さんご存知の様に、スンリとはデビュー直後の頃はぎこちない関係だった(笑)
デビュー前のドキュメンタリーでは2人とも仲良しに見えたが、どうしてぎこちない関係になったのかは不明らしい。
現在では、そうしたぎこちない関係は改善されているらしいが、テソンによると「気をつけている」らしい。


お姉さんは軍人であり、心優しくて涙もろい性格らしい。
同僚兵士たちにテソンの実姉だと気付かれた時には「まわりに言わないでくれ」と頼んようです。

無愛想
実は、テソンは家族の中では無愛想な方らしい。
(どんだけニコニコ家族なんだろう...)

出不精
テソンは家から絶対に出ないという事で有名。
GDは、自分が透明人間になったらテソンの家に言って、1人で何をしているのかを知りたいと言っていた事がある。
それくらい家から出て来ない。

趣味
レゴやパズルが趣味。
半身浴も好き。
色々な映画やドキュメンタリーを半身浴しながら見る。
近頃は紅茶にハマっている。

ドラム
ドラムを叩く事にもハマっている。
テヤンがテソンの下の階に住んでいた時は、ドラムの音のせいで起こされたらしい
(しかも、ドラムを叩く時は、下着と靴下)

読書
活字好き。読書好きだ。
TOPは、たまに朝早く起きてリビングに行くと、テソンがソファで本を読んでいる姿を良く見かけたらしい。
スンリは「テソンは新聞を読むのが隙で、時事関係の知識が豊富」だと言っていた。

健康管理
健康にとても気を使っている。
小麦粉は1年に1〜2回食べる程度らしい。
体作りが隙で、毎日ハンガン(ソウルを流れる大きな川)を走っているし、海外ツアー中も必ずフィットネスクラブに行っている。
最近ではヨガも始めたみたいだ。

裸族
健康の為に、家では服を全て脱いでいるらしい。
GDが一緒にお酒を飲もうと思って、ホテルのテソンの部屋に入って、布団をバッと取ったら驚いた。

出不精
体を鍛えている理由は、学生時代とても体が細くてからかわれていたから。
実際にBIGBANGドキュメンタリーの頃のテソンを見ると、痩せ体質であるスンリよりも、さらに痩せている。

慈善事業
密かに寄付をたくさんしている。

お金
お金の管理が天才的で、財テク管理が得意らしい。

怖がり
メンバーの中で1番恐がりなのがテソン。
虫を捕まえる事も出来ないらしいし、胴上げされるのも怖くて出来ないらしい。

アニメ好き
ワンピースのゾロが好きだと行っていた事があり、日本でのソロカバー曲「全力少年」をあえてワンピースのルフィと比較していた。
日本のコーンサートで「るろうに剣心」の主題歌だったそばかすをアレンジして歌ったりもした。

片想い
小学校3年生から中学3年生まで6年間片思いしていた。
しかし自分の友達が同じ子を好きだと聞いて、その友達の応援をするようになったらしい。