ハンニョンと言えば豚ですよね。
プデュ時代から、ブタ系アイテムが登場する事が多かったので、ブタ好きなんだな〜と思ってたら、実家が養豚場だったんですね。

スポンサーリンク

ハンニョンと子ブタ

ハンニョンの母親は、済州島で養豚場を経営しています。
けっこう規模の大きな養豚場で、豚を約3000頭くらい飼育しているそうです。

2017年6月24日に、ハンニョンはVアプ初の単独出演で、生まれたての子ブタと一緒に、済州島の実家から放送してくれました。

生まれて2日の可愛い赤ちゃんブタとハンニョン。
ハンニョンに抱っこされて、スヤスヤ眠る子ブタちゃんがとっても可愛い放送でした。

放送中には、この子ブタの名前を募集したました。
コンニミ、デンイ、ドンドンイ、ハックリ、ジュディンイ、ッチュ...など、色んな名前を、ファンが提案してくれましたが、最終的には、クリ(ハニーちゃん)に決めました。
「今日からクリだぞ〜」と、眠っている子ブタを可愛がっていたハンニョン。

ちなみに、この放送中に、ハンニョンは「豚肉は食べるけど、好きではない」と明かしていました。
この時の放送は、大きな話題になって、Twitterのトレンドにも「赤ちゃんブタ」が上がってきました。

スポンサーリンク

赤ちゃんブタの現在

さて、スヤスヤ眠る可愛かったクリは現在どうしているのかな?
ファンからの、こんな投稿がありました。

(多分サイン会でのやり取り)

和訳→ハンニョンに「豚は元気にしてる?」って聞いたら、ちょっとためらいながら、「来た場所へ再び行きました・」って言ったの。
だから、ハッ、まさか死んだってこと...?と思って、また聞き返したら、「お腹から来たじゃないですか。なので、お腹に再び...行きました。」って言ったの。
最後まで理解出来なかったんだけど、後になって考えてみたら、その豚は...本当にお腹に...人間のお腹に...

どうやら、クリは既に出荷されてしまったようです。
まあ、養豚場の豚ということは、食肉生産のために飼育されている豚という事なので、当然と言えば当然ですが。