Y2Kって知っていますか?
2000年問題ではありませんよ。
(きっと若い方々は2000年問題も初耳でしょう…)

ちょうど2000年問題が話題になっていた90年代の後半から、韓国ではY2Kという名前の日韓混合アイドルバンドが活躍していました。

Y2Kとは


左からユウイチ、コジェグン、コウジ

Y2Kの読み方は、韓国語で「ワイトゥケケイ」です。
(日本語発音だと「ワイツーケー」ですね)

ユニット名の由来は、2000年問題の英語表記である「Year 2 Kilo」の頭文字からY2Kです。
同時に、各メンバーのイニシャルユウイチのYとコウジのKとコ・ジェグンのKからも由来しています。

Y2Kは1999年にアルバム「YⅡK」デビュー。
すぐに人気が出て精力的な活動を続けましたが、日韓の所属事務所間の問題などで2002年に解散しました。

スポンサーリンク

Y2Kメンバー


ヒット曲「헤어진 후에(ヘオジンフエ)」

ユウイチ(ギター&ボーカル)とコウジ(ベース&ボーカル)という日本人兄弟に、韓国人のコ・ジェグン(メインボーカル)という3人組です。

コ・ジェグン(고재근)
1977年9月15日生まれ
リーダー、リードボーカル、ギター
※現在はミュージカル俳優として活動中

松尾雄一(マツオ ユウイチ/마츠오 유이치)
1982年2月22日
ボーカル、ギター
※現在は、日本でKOJIと共にSWANKY DANKというバンドでインディーズ活動中

松尾光次(マツオ コウジ/마츠오 코지)
1984年5月7日
ボーカル、ベース
※現在は、日本でYUICHIと共にSWANKY DANKというバンドでインディーズ活動中

初めて韓国で活躍した日本人(?)

Y2Kの松尾兄弟が韓国で初めて有名になった日本人なんじゃないかな??
彼らの韓国語は、非常にたどたどしかったのですが、それが韓国人には「可愛い!」と受けていたようです。
韓国語も演奏も歌もすべて完璧じゃない辺りが、受けたのかもしれません。

松尾兄弟は「アニョハセヨ」という言葉すら知らずに、渡韓しました。
そしてY2Kを結成して、99年5月にデビューしてから、あっという間に人気者になっていきます。

当時はアイドルバンドっていうのも珍しかったと思います。
(アイドルでは無く)普通のバンドやビジュアル系風バンドも少しはいたけど、アイドルに関してはほとんどがダンス系グループでした。

そんなY2Kですが、松尾兄弟は日本でもDoggy Bagという名前で活動を始めます。
そのスケジュール管理などで日本側と韓国側の契約事務所が揉め出してしまったみたいです。

そして、2002年の8月にスペシャルアルバムをリリースして以降はY2Kとしての活動はしていない…ということで、終了しました。
Y2Kとしては、たったの3年ちょっとしか活動していなかったんですね。

韓国で話題になったユウイチの有名な動画

これは、韓国で話題になったユウイチの動画です。
歌ってる途中に、キーが高すぎて声が裏返っちゃうんですね(笑)
で、その後キュートな感じで「ミアネー(ごめん)」って言う動画なんですけど、これが「面白い」「可愛い」っていうんで人気動画になりました。

今年の春くらいに、Y2Kの韓国人メンバーのコ・ジェグンが出演した番組で、この時の動画がテレビに流されました。
スタジオにいたゲストや観客の反応も、「可愛い(笑)」でした。

うん、確かに可愛い(○´ω`○)

この件に関して、番組に出演していたジェグンは、
「僕もあの動画はたまに見るんですけど、当時は歌手の口パク問題が騒がれている時期だったんですね。
だから、僕たちはキチンと生歌で頑張っていたんだけど、そんな中で「深い悲しみ」っていう曲を始めてステージでやる時にユウイチのキーが合っていなかったんですよ。
元々は半キー下げて歌うようにしてたんだけど、その時はマネージャー達が半キー下げた伴奏を準備出来なくて、キーが合っていないって分かっていたんだけど、歌った。
そしたら、やっぱりダメで裏返っちゃったんですよ。だから、あれはユウイチも悔しかったと思います。」とのことです。

確かに、この頃の韓国のアイドルグループって、ほとんどが口パクでした。
ダンスを踊りながら歌うのは難しいのかもしれないけど、コンサートに行っても口パクってことがあって・・・あれはちょっと残念でした。