2013年6月にデビューしたBTSですが、その直後のインタビュー記事に載っていた懐かしい内容です。
(いくつかの記事から部分的に抜粋しています。)

sponsored link

新人時代の自己紹介

質問「新人アイドルらしい爽やかな自己紹介をしてください」

RM(当時20歳):
怪物の様にラップする防弾少年団のリーダー、ラップモンスターです。
僕はチームで破壊を担当しています(笑)
僕が触れるとすべての物が壊れてしまう事からついたニックネームです。

JIN(当時22歳):
防弾少年団で「掃除するママ」を担当している、ジンです。
ラップモンスターが宿舎で散らかした物を、整理する事が僕の役割です。

SUGA(当時21歳):
白い肌と、甘いルックスが自慢のシュガです(笑)
恥ずかしいですね。
僕はチームで、小言としつけを担当していて、メンバー達にはお父さん呼ばれています。
典型的なお父さんを表現するために、寝転がるという特技があります。

J-HOPE(当時20歳):
僕の名前は、チームで1番良い名前だと思いますね。
J-HOPEです。
「パンドラの箱」の神話から、言葉を引用して名前を付けました。
僕の名前通り、チームで1番「希望的な存在」だと言えます。

V(当時19歳):
こんにちは。
Vです。
僕の名前は、パン・シヒョクPDがつけて下さいました。
初めは「ブイ」と言うべきか「ブィ」と言うべきか分からなくて迷いました(笑)
チームでは方言を担当しています。

JIMIN(当時19歳):
こんにちは。
ジミンです。
僕はチームでは、腹筋を担当しています(笑)
可愛らしい顔に、がっちりとした腹筋、というギャップが魅力です。

Jungkook(当時17歳):
こんにちは。
ジョングクです。
チームでも歌謡界でも、末っ子を担当しています。
だから、可愛らしさには自信があります(笑)

※年齢表記は韓国の年(数え年)なので、日本の年(満年齢)だと、さらに1〜2歳若くなります。

後から入ったメンバー

質問「後から防弾少年団に追加されたメンバーは、どういう経緯で合流したの?」

V:
防弾少年団が非公式で公開した曲の中の、「八道江山(パルドガンサン)」と「HOOKカヨ」がYouTubeにアップされていたのを聴いて、絶対にこのチームにはいらねば!と思いました。

質問「1番最後に入って来たメンバーはジミンかな?」

RM:
ジミンが1番最後に合流したんですけど、今ではダークホースです。
彼がいなかったらパフォーマンスが完成しません。

宿舎での生活

質問「7人のメンバーが、みんな一緒に過ごしてるの?部屋は分けて使ってるの?」

RM:
いえ、みんな1つの部屋で寝ています。
新人らしい姿です。
7人がこうやって過ごす様になって、1年ちょっとになります。
シュガヒョンとJ-HOPEは、僕と3年一緒に暮らしていますし。

質問「一緒に活動しながら、生活まで一緒なんて、ケンカしないの?」

JIMIN:
一緒に暮らし始めたばかりの頃は、「誰がイビキをかいてるんだ」「物を片付けてないのは誰だ」みたいな事でよくケンカしたんだけど、今はお互いの事が分かって来て、うまくやっています。
お母さんの役割をしてくれるメンバーもいますし。

RM:
うちのチームには、お母さんが2人いるんです。
ジンヒョンが台所を担当していて、J-HOPEが寝室を担当しています。

sponsored link