k-popのMVでたまに見かけるバスタブシーンの元祖では!?画像引用元:YouTube

ダウンタウンを始めとする、吉本芸人達がオジャパメンっていう不思議な曲を歌ってヒットしましたよね。
97年に発売とのことなので、もう20年くらい前になっちゃうのですね。
早いなぁ。

そんなオジャパメンが、実は韓国の曲というのは、知っている人も多い事でしょう。
さらに、私の大好きだった1TYMが、3枚目のアルバムでオジャパメンをカバーしてたりもします。
(正確にはオジャパメンのカバーじゃなくて、原曲「オジェパムイヤギ」のカバー)

sponsored link

原曲は韓国の少年隊(?)ソバンチャのヒット曲

消防車と書いて「ソバンチャ」と読みます。
87年にデビューした3人組のアイドルグループです。


画像引用元:Naver Blog(韓国語)

アイドルグループ……..です。

韓国の少年隊って、誰が言ったんだかわかりませんが、1番右側が東山紀之的な感じなのかな?
年齢的には少年隊とほぼ同じくらい(ちょっと上くらい)で、デビューした時期も1年違いなので、そう呼ばれたのかもしれない。(誰が?)

このソバンチャが、デビューした年の87年にヒットしたのが、オジャパメンで有名な「オジェパムイヤギ(邦題はゆうべの話)」です。
歌詞が切なくて可愛らしくて、80年代のポップス〜!って感じが良いですよね。
この曲は、韓国では知らない人はいないくらい有名です。(でも、もしかして今の子は知らないかも?)

97年に、日本でヒットした「オジャパメン」は、この87年にヒットした「オジェパムイヤギ」を、カバーしたという事です。

▼「オジャパメン」オジャパメン ナネガミオジョソ

画像引用元:YouTube

▼「原曲:オジェパムイヤギ」オジェパメン ナン ニガ ミウォジョッソ

画像引用元:YouTube

1TYMがカバーバージョンは、カッコいい!!

そして、聴いて欲しいのはこのバージョンです!!
2001年に発売された、1TYM3枚目のアルバムの中に収録されている「オジェパムイヤギ」のカバーが格好いいのです。

2枚目のアルバムを発表し、韓国での活動を終えた後に、アメリカ生まれのメンバー2人(デニーとテディー)は、永住権の関係だかなんだかで、アメリカへ戻っちゃったんですよね。
なので、この3枚目のアルバムはアメリカで作られたんだとか。
(当時は、入国関係が今よりも厳しかったので、男性アイドルが海外で活動するのが大変な時代でもありました)

アメリカでの永住権を取る為に手続きを進めつつも、この3枚目のアルバム発表後には、2ヶ月間だけ韓国に戻って来て4人で1TYMの活動をしました。
1、2枚目のアルバムまでは別のプロデューサーと共同で作っていたんだけど、このアルバムからはテディがすべてプロデュースを始める事になったので、まるごと1TYMっていう感じのアルバムです。
(ちなみに、テディは今現在YGでプロデューサーとして大活躍中で、BIGBANGのヒット曲なんかも数多く手がけてます。)

このアルバムの、5曲目に入っているのが「オジェパムイヤギ」のカバー曲です。
当時はオジャパメンのギャグイメージしか無かった曲を、こんなに格好良く歌ってる1TYMってすごい!と思いながら聴いていました。
全然ヒップホップな曲じゃなくて、古着屋さんでかかってそうなアップテンポで爽快な曲に仕上がっています。
今聞いても1TYM版のオジェパムイヤギは格好良いので、是非聴いてみてね♪

sponsored link