画像引用元:Growing With Science Blog

2012年のインタビューから抜粋しています。

ネットでキム・ジョンフンと検索すると、まず「ソウル大学」「勉強秘法」「IQ」「修能点数(センター試験の点数)」などの検索予測ワードが出て来る。
そして、10年以上聞いているオムチナのイメージ・・得をしたこともあったが、もうオムチナのイメージを脱ぎ捨てたいとも語った。

sponsored link

優等生イメージを捨てたい

ジョンフン:歌で(オムチナの)イメージを消すには限界があるので、演技で新しいキャラクターを披露するのが早いと思う。
それもあって、コミカルな演技をしてみたい。
これまでまともにコミカルな演技を披露した事が無いし、急激にしたくなってきた。
演技ほどイメージを簡単に変えることが出来る物はないので、僕の固定されたイメージを変えたいっていう理由もあって。
僕には意外な姿がたくさんあるんだけど、今まで見せる機会が無かったので、作品で表現したい。

キム・ジョンフンはすでに自分が志すキャラクターを決めている。
慶尚南道出身なので方言を使った演技も可能だという彼は「地方に住むプライドの高い無職の役をやってみたい」と言う。

ジョンフン:コメディとまでいかず、普通のドラまでも充分にこういったキャラクターは可能だと思う。
tvNドラマの「ロマンスが必要」(ジョンフンが主人公)でコメディというジャンルに対する関心が高まった。

ピッタリの役が来たら、来年始めには必ずコメディをやりたい。
今までカッコいい役ばかりしていたから、あまりそういったオファーが来ない。
カッコいい役も良いんだけど、俳優は色々な姿を見せなければならないし、僕にもこんな面があるということを証明したい。

キム・ジョンフンは自らを「つかみ所の無い多様な性格の持ち主」と言った。
オムチナ的な面も勿論ある。
しかし、完璧そうに見えるこの男には意外な面がたくさんあった。

仕事が無い日


画像引用元:Growing With Science Blog

仕事が無い日は??

ジョンフン:外交的な性格じゃないのに、だいたい家にいる事が多い。
家で本物の死体のようになってる。
体をほとんど動かさない。
動く範囲が凄く狭い。
両親は上の家(階)に住んでいるから、ご飯はそっちで食べる。
仕事をしていない時は面倒くさがりになるので、ご飯を食べに行く事すら面倒くさいと思ってしまう。

ロマンスが必要な時

ジョンフン:20代半ばまでだった。
なんか最近は、感情が枯渇してしまった気がする。
以前は、美しい女性に出会ったり、好感が持てる人がいたら、うまくいく様になりたいって自然と思っていたけど、最近は短所が先に見えてしまってそういった気持ちが生まれなくなった気がする。
良い相手に出会ってないからだとも言われるけど、とにかく今は結婚はもちろん、恋愛もしたく無い。
結婚も少し延長しておきたい。
以前は料理が上手な女性が好きだったり、わざとあんまり会わない様にしたりしてた。
悪い男だと言われると・・さあね、僕がどんな恋愛をしているかって事を全て見せる事は出来ないしね・・。

dondonb左

20代半ばまでだった!?なんだかひねくれた考えにも思えますがジョンフンらしいかも。