画像引用元:YouTube

​BIGBANGのインタビュー記事をランダムに載せてます。
今回はスンリ君です。

負けず嫌いな性格


画像引用元:YouTube

2011年9月「Singles」より

「負ける事が嫌いなんですよ。負けず嫌いなんです。名前もスンリ(勝利)だし。」

「するなって言われるとしたくなるし、ダメだって言われると凄くやりたくなる​し、仕方が無かったって言いながら涙を流すという事。そういうのが青春じゃないかなと思います。」

「予測可能よりも、予測不可能な人。そんな人を見ると青春のエネルギーを感じますね。だからどんな状況でも楽しんでいる今の自分の姿がずっと続けば良いなと思います。」

sponsored link

GGBEの歌詞は元カノとの実話



画像引用元:YouTube

2013年8月「10asia」より​

アルバムのメイキング映像を見てたら、愛についての話をしてみたかったと言っていたけど、具体的にどんな愛について話したかったの?。

普通は「どんなものが愛だと思いますか」ってゆう質問に対して、多くの人は「辛いもの」「おぼろげなもの」って言うと思う。
僕は愛の多様性について話をしたかったんだ。「喜び」「ときめき」「別れ」「痛み」「切なさ」「後悔」とか。

スンリが考える自分自身はどんな人?

僕は自分の気持ちよりも、自分の前にいる人の気持ちを優先させます。
まわりの人達を楽しませるのが好き。
相手の気持ちに合わせてあげたい人かな?

ソロアルバムを通して、自分のメッセージはちゃんと伝えられたと思う?

愛する時の男の感情を伝えたかった。
収録曲だと「GGBE」では、女に騙された時の気持ち(曲の中には女性からの反論もある)を表現した。
「アイなんていらない(COME TO MY)」では、別れの後に感じる男の感情、爆発するもの。
実際、男は言葉で表現できない事が多いから男の人達が共感してくれそう。
最初の曲「Let’s Talk About Love」と2曲目の「僕を見つめて(GOTTA TALK TO U)」は女性が誘惑する曲(笑)
「LOVE BOX」は日本の映画「いま、会いにゆきます」からインスピレーションを得て作った曲。
全部の曲を経験談で作る事は出来ないからね。

実体験の曲はどれ?

「GGBE」。
嘘が多かった女性に疲れてしまい、愛が冷めていくのを表現した。
曲の中で彼女は「私の口から先に別れ話が出て欲しい」。
男女関係においては、先に振る事よりも振られたいって思うのが普通じゃないの?
誰にでもありそうなありそうな事を「スンリ」なりに解いてみたんだ。
カフェにいるって言っておきながら、クラブで踊っていた彼女。
なんでいつも黒い車から降りてくるのか・・

アルバムを聴くと、恋愛経験が豊富みたいだね。

(深刻に)たくさんの事があったよ。

「GGBE」はいつの事なの?

約1年前の事。

彼女は今どうしてるんだろう?

全然、知りたくも無いね!

sponsored link