韓国のネット上に転がっている、BIGBANGの実話エピソード「G-DRAGON編その4」です。

G-DRAGONに関する実話小話その4

音楽番組のランキングでKARAが1位になったのに、観客の反応があまり無かったので、GDが腕をまわすような変な動きをして、ファンの声援を誘導した。
(そこで声援を送ったのもBIGBANGファンなんだけど・・)

コンサート中。
GD「今日はヨンベの誕生日です。みんなワンジュ(原州市)の方言でお祝いの歌を歌おうか!?」
(これはフェイク。ワンジュには方言は無い。)
ファン達は大声で「た、たんじょう、び・・お、おめで??」と、戸惑いながら大合唱。

昔ジヨンの携帯番号は9999(韓国語でクククク)だった。
理由は鳩が鳴く声がとても可愛いから。
(韓国語での鳩の鳴き声もククク・・)

ジヨンが2009年のとっても大変な時期、通りすがりに言う言葉が「俺も好感度が欲しい・・」

ジヨンは中学生の頃、年上のお姉さんと付き合っていたんだけど、ある日その彼女から別れようと言う電話が来た。
その時GDは、もの凄く悲しくて、電話機をつかみながら泣いていたんだとか。
GDはこの話をしながらちょっと照れくさそうにしていた。

スンリがちょうど成人した時、ジヨンは「これからはスンリと酒が飲めるから超うれしい」って言っていた。
実際にも良く飲んでいる。

ジヨンは出掛ける前に鏡を見ながら「は・・本当カッコいい・・服も似合ってるし」など自分を誉め称える。

TOPとジヨンは良くケンカをする。
お互いにこだわりが強いので、よくぶつかる。
どちらも先に謝ろうとしないので周りの人達は凄く苦労する。
そんな風に良くケンカもするんだけど、長い間一緒にいるので相手の性格が良く分かって来て、お互いに合わせる様になった。

ジヨンが人気歌謡(音楽番組)に出て「ニガムォンデ(Who You?) 」を歌った時。
それをスンリが見て、ジヨンに「兄さん、マジで可愛い」と言ったら、それを聞いたジヨンは「可愛く無い!!」と言った。

ジヨンはアヒルヘアーが本当に可愛いらしくて好きらしい。
生きているアヒルの様に扱いながら、鏡を見て「俺のアヒルかわいい〜俺のアヒルかわいい〜」

ジヨンは過去にやってしまった変な事や恥ずかしい事に関して、凄く敏感である。
「餅ジヨン」と呼ばれていた時代に餅の話が出るだけでも、大笑いしてしまう程だったらしい。
また、中学生の頃にミュージカルをやっていた事を話されると「その話をしたら殺す・・」と言うらしい。

あるファンが手編みのマフラーをジヨンにプレゼントしたら、ジヨンが大学受験の日にそのマフラーをしていた。

ジヨンが道を歩いていたら、あるおばさんがジヨンに「あらまあ、制服のズボンもう少し上げて履きなさい」と言って、腰履きをしていたズボンを上げられた。

ジヨンはお姉さんファンには良くしてくれるんだけど・・
あるお姉さんファンが、明け方まで宿所付近で待っていたら、ジヨンはお酒に酔っていたのか、フラフラしながら帰って来た。
そこでジヨンにサインをお願いしたら「はえ?あ、はい・・」と言いながらサインをしてくれたんだけど、下の方に書いてくれた文字が何て書いてあるのか良く分からなくて、お姉さんファンが「ごめんなさい、これ・・下に何て書いてくれたの?」と聞くと「え?これは私が書いたんですか?じゃ、もう一回書きます。」と言って、もう一度書いてくれたらしい。

sponsored link