Vlive-2018 BBMAs Official Red Carpet Pre-show LIVEより

バンタンのアルバム聴いたり、出演番組のチェックをしまくっていたら、全然ブログに触らなくなっちゃった(汗)
個人的に今ユンギブームが来ていて、FAKE LOVEの「火を見ながらニヤケヅラ」を、ずーっとリピってます。
なんか、もう、こんなに潤いのある日々を、ホントありがとうって気分です。

さて、先日メキシコのTV番組で、有名タレントがBTSに対して失礼な発言をした!っていうニュースについて、調べてみました。

sponsored link

問題の出来事

5月28日に、メキシコのテレビ番組「Farándula 40」での出来事です。
この番組の中で、21日のビルボード授賞式に出席した防弾少年団の姿が流れました。

それを見た2人の司会者男性が、
「この人達がGUCCIを着ても、何の宣伝にもならない。今回のコレクションは失敗だね。」
さらに、
「男なのに、こんなにガリガリで弱々しく見えるし、髪型も変なのに、これで服が格好良く見えるとでも!?」
と、発言。

調子に乗った彼らは、さらに、
「ゲイクラブで働いてるみたいだ。LGBTグループが、あちこちで売春をしてるみたいに見える。」
とまで。

すると、そばにいた司会者は、
「あの人達みんな女性みたいに見えるけど、男性なんですよね?」
「多分そうだと思うよ」
などと発言し、そんなやり取りを見て、観客達は大笑い…

この放送を知った、世界中のBTSファン達は、次々にFarándula 40のSNSへ謝罪を要求しました。

騒動が大きくなったこともあり、今回の問題発言をしたメキシコのタレント、Horacio Villalobosさんは、29日にFacebook上で「BTSファンを傷つけてしまって申し訳ない」と謝罪しました。

以上、SBS NEWSより意訳しました。

このニュースと、発言をしたメキシコのタレントを見て、まず1番に思った事。


画像引用元:SBS NEWS

お前らが言うな(笑)と。
おっと…同じレベルで言い合ってはいけないな。

人の悪口を言う事は、自分自身の価値を落とす事でしかない。

と思っているので、彼等の悪口は言いません。
しかし、テレビに出る様な、そんな影響力のある人が、こんなに幼稚な発言をしてしまう事は、非常に残念ですね。
BTSを抜きにしても、テレビ番組の司会者がこんな発言をしてるって大問題だと思うんだけどな。

この発言騒動で、世界中のファンが抗議したみたいですが、特に1番悔しい思いをしたのが現地メキシコのアーミー達だと思います。
自分の国でこんな問題が起きたら、そりゃ辛いよね。

東洋人差別

私は詳しく知らなかったんだけど、元々、南米ブラジルやメキシコでは、東洋人に対する差別があるようですね。
ご存知の様に、南米でもK-POPは大人気(特にBTS人気!)なんだけど、それを良く思っていない層もけっこういるようです。
日本でも異常な嫌韓層がいるから、そんな感じなのかな?

今回の問題発言は、人種差別だけでなく、LGBTの方々への性差別も含まれています。
ポジティブに考えれば、今回の様な騒動になる事で、差別について考える機会が生まれたとも言えます。
多分ね、メキシコの司会者は差別意識とか以前に、無意識に言っちゃってた部分もあると思うんだよね。
なので、これをキッカケに、自分が差別的な考えを持っていた事に気付いて欲しいと思います。

あ、グッチの衣装は、言うまでもないけど素敵。
今はグッチなんて手が届かないと思っている若者たちが、いつかはバンタンみたいにグッチを着こなしたいなって夢を与えられてると思います。
ちなみに、私はバンタンくんたちの年齢をとっくに超しているけど、まだまだグッチの服には手が届きません。てゆうか、死ぬまで届かない(笑)

sponsored link